よくある質問

MCサービスについて、よくある質問をまとめました。
お問い合わせの前に、まずはこちらをご参照ください。

MCアプリについて

なぜMCアプリは無料なのですか?

マネジメント・コンパス自体が試行錯誤の途上にあり、活用してくださる看護管理者の皆様と学び合いながら、少しずつ発展させている段階だからです。既存の目標管理やBSC等の使いにくさを克服し、看護管理者がちゃんと「腑に落ちた」活動を目指して、鋭意開発に取り組んでいます。

2022年度からは一部サービスを有料化する予定ですが、ユーザー数や部署数を限定して無料で提供し続けることを目指しています。

MCアプリは、各自のパソコンで導入できるのでしょうか?

はい、導入できます。

「アプリ」と名付けていますが、特定のソフトをインストールする必要はなく、インターネットに接続でき、Google ChromeまたはMicrosoft edgeなどのブラウザが入っているパソコン・タブレット等であれば使用可能です(ブラウザは最新版をご利用ください)。診療情報などの高度に機密性の高い情報を扱わないので、自宅のPC等から接続することも可能になっています。

利用にあたっては、施設単位の管理画面をご提供します。管理画面から、参加される部署・ユーザをご設定いただきます。

MCアプリは、タブレットやスマホで使えますか?

はい。タブレットやスマートフォンでもMCアプリの表示・操作は可能です。

しかし、パソコンでの操作を前提とした画面設計となっており、スマートフォンの縦型画面では閲覧・操作しにくい部分は残ります。iPadなどのタブレットであれば、それほど支障なく使うことができます。

MCラーニングについて

MCラーニングは、どのように利用するのですか?

MCラーニングは、MCアプリにログインした状態で、学習コンテンツやオンライン研修の申し込みを行う形となっています。

  • MCラーニングの利用にあたっては、施設としてMCアプリの利用登録が必要です

  • MCラーニングの契約は、施設単位となります

  • MCラーニングの動画コンテンツ等は、MCアプリに学習者をユーザー登録することによって視聴可能となります

  • MCラーニングは、契約施設の看護職員であれば、職階を問わず登録して利用することができます(看護職以外の利用についてはご相談ください)

MCラーニングを契約すれば、全てのオンライン研修が受けられるのですか?

はい。MCラーニングを施設単位で契約すれば、その施設でユーザー登録された看護職員は、オンライン研修や事例動画等を無制限で利用可能です。

講義ごとにラーニングを何口も契約する必要はありません。

MCラーニングの料金は、受講する人数によって変わりますか?

いいえ、変わりません。

MCラーニングの料金は、実際に受講される人数にかかわらず、契約する施設の看護職員数(当該年度の4月1日現在の常勤換算の看護職員数)に対して設定させていただいております。

とはいえ、仮に職員の10%程度しか受講されないとしても、従来のような実地での研修に比べて、格段に価格が下がっております。

オンラインになったことで、研修開催のコストが大幅に削減されたためです。

なお、学習者数で料金が決まるのではなく、施設の看護職員数に応じた料金としている理由は、MCラーニングが「学習する組織」のためのサービスだからです。

これまで、特に中堅や管理者などの学習は「個人の自己研鑽」に依存しがちでした。しかし、変化の激しい状況下では「組織としてどう学習するか」が大切です。

PDPもMCも、管理者個人が考え方を学ぶだけでは組織の力はあまり向上しません。これらの思考のプラットフォームを共有し、管理者をはじめ組織の中核を担うチームメンバーが、対話しあい、支え合い、チームや仕事を動かしていくなかに、組織としての成長があります。

だからこそ、「師長だけ」「副師長だけ」といった職階で区切る必要がないよう、「施設所属の方が受け放題」というシステムにしているのです。

MCラーニングは個人で契約できますか?

申し訳ありませんが、個人では契約できません。

個人でオンライン研修を受講することは可能です。「MCについて知る(研修)」のページからお申し込みください。

また、オンライン研修を個別に申し込んだ上で、施設単位で支払い処理をすることも可能です。MCラーニングは契約しないが、まとめて受講申し込みをしたいといった場合には、問い合わせフォームからご連絡いただければ対応いたします。

MCラーニングの学習内容はどんなものですか?

MCラーニングは、オンライン研修への無制限の参加、オンライン研修のアーカイブ動画の視聴、その他の動画コンテンツ(PDP等の事例デモンストレーション)の視聴で構成されます。毎月行われるPDP・ロードマップ事例検討会のアーカイブ動画も、MCラーニング契約者は視聴可能となります。

一義的には、MC(マネジメント・コンパス)やPDPを使った組織学習に取り組みたい施設の皆様向けの学習コンテンツと言えます。

今後は、リクエストに応えながら少しずつオンデマンド動画学習コンテンツも拡充していく予定です。

MCサーベイについて

MCサーベイでは、誰がどんな回答をしたかわかりますか?

調査は匿名です。個人が特定できないからこそ、率直な回答が得られます。

MCサーベイの回答所要時間はどのくらいですか?

質問数は約80問、回答所要時間は5~10分程度です。

MCサーベイは従来型の携帯電話(ガラケー)でも回答できますか?

従来型携帯電話には対応しておりません。スマホ・タブレット・パソコン等を使ってご回答ください。一人ひとり、個別のコードが割り当てられますので、看護部のパソコンで複数人が回答することも可能です。

価格について

スタッフの人数によって価格が変動しますか?

はい。価格についてはこちらをご参照ください。

なお、価格は施設所属の看護師数(常勤換算)によって決定し、受講者の数に制限は設けておりません。

まずは限られた部署で導入したいのですが、その場合の価格はどうなりますか?

MCアプリについては無料(2021年度)でご利用いただけます。2022年度以降も、ユーザー数や部署数、一部機能を制限した無料プランを継続する予定です。

MCラーニング・MCサーベイについては、少数部署での導入であっても、施設全体の在籍スタッフ数に応じた価格設定となっておりますので、ご了承いただけますと幸いです。

また、個別のオンライン研修の申し込みは可能となっておりますので、少人数で研修を受講される場合には、おひとりずつの申し込みも可能となります。

講師派遣について

MCに関して、研修講師の派遣は可能ですか?

スケジュールの許す範囲で、講師派遣にも対応しております。講師派遣を希望される場合、ご依頼内容を「研修お申込みシート」にご記入のうえ、FAXまたはメール添付にてお送りいただくよう、お願い申し上げます。

研修お申込みシート(PDFファイル)
研修お申込みシート(Wordファイル)

日時・テーマが決まっていましたらお伝えいただければ幸いです。
大変恐れ入りますが、スケジュールの都合上お引き受けできないこともございます。

価格は以下のとおりです。

  • 1.5時間 14万円

  • 2時間 16万円

  • 3時間 19万円

  • 4時間 22万円

  • 5時間 25万円

  • 6時間 28万円

※税別の価格です。
※交通費・アシスタント費などが必要な場合は、別途請求させていただきます。
※価格・時間帯については、ご相談に応じられる場合もございます。

講師派遣を依頼する場合、どのような研修プログラムが効果的ですか?

メソッドに関する基本的な講義(研修)は、MCラーニングで視聴可能となっております。受講のタイミングや対象にも制限が少ないため、組織的に知を共有するという観点ではE-Learningの活用を推奨しております。

この考え方に基づき、学習する組織へと変革していくためには、講義を聴くだけでなく、自組織の状況を踏まえて実践と協働学習を繰り返す必要があります。そのための方策として、講義を受けた後の演習や、組織内で実践に取り組んだ後の検討会など、インタラクティブ(双方向的)な学びの機会が重要になります。もし、講師派遣に時間・コストをかけられる場合には、演習や検討会といった相互的な学びの場に、講師(ファシリテーター)を活用していただくことをお勧めします。

その他の質問

当院のグループには複数の病院・施設があります。グループとしてまとめての申し込みでもよいでしょうか。

同一法人の傘下にある医療機関・施設・学校等をまとめて一組織として登録することは可能です。ただし、常勤看護師数が200名を超える施設が複数含まれる場合には、別途料金をお見積りさせていただきます。

<活用例>

  • 法人の基幹病院A、関連の回復期・リハビリ系病院B、老健施設C、訪問看護ステーションDを一つのグループとして登録し、一元的な目標・課題の管理、計画の可視化、職務満足度調査の実施を行う。

  • 複数のクリニックを運営する法人が、各地に分散したクリニックを「部署」扱いで登録し、法人本部が管理者となって、各クリニックのマネジメントをスーパーバイズする。

  • 複数の中規模病院(看護師数200名以上)を有する病院グループが、グループ全体の管理者育成のために、管理の可視化や研修の共通化に取り組む。(この場合は、料金は病院数に応じて別途見積りとなります)

BSCを病院全体で使っており、現在は病棟・部署の目標管理においてもBSCを用いています。病院全体としてBSCに取り組む状況は変わらない中で、どのようにMCと共存させるのが良いでしょうか?

BSCは、財務に代表されるアウトカム指標だけに囚われず、顧客の視点・内部プロセスの視点・学習や成長の視点といったプロセス的な指標を用いて、組織の「ビジョン」とそれを実現させるための「戦略」を表し、組織や個人が戦略に基づいて動くよう計画し、その成果を評価する――という一連のマネジメント・システムです。多くの医療機関が、組織全体でBSCを使った目標管理・人事考課を取り入れており、看護部としてもBSCに沿って目標管理や評価を行っている所は少なくないでしょう。

しかし、看護の部署レベルのマネジメントにおいて、BSCに基づく戦略を策定したり、プロセス指標を設定して評価していくことは、あまり効果的とは思えません。例えば「顧客の視点」の評価指標として「クレームの減少」が挙げられていたり、「学習と成長の視点」の指標として「外部研修への参加のべ人数」といった指標が挙げられることがありますが、これらは本当に「ビジョンの実現」に向けた部署の行動・取り組みの成果を表すものだと言えるでしょうか?

質問の答えとしては、看護部としては病院全体のBSCにコミットしたうえで、各部署(師長)とはMCを使って、各部署の課題を共有するのが適切ではないかと思います。看護部長・副部長の役割は大変なものになりますが、病院全体の戦略や、看護部の方針を踏まえて、各部署に対して「ここをこうアップしてもらわないと困る」や「あなたの部署はこのままでは困るから、すぐにでもここはどうにかしてほしい」といったことを伝え、その達成・解決に向けた動きを、師長・主任等と対話しながら共に設計していくことが、現実的なマネジメントの改善につながると考えます。