院内研修のやり方

MCラーニングを活用することで、外部講師に頼ることなく、院内で「マネジメント・コンパス」や「PDP」の研修を実施することができます。マネジメント・コンパスやPDPは、チームで支援し合うことを前提に設計されています。そのため研修は、個別研修ではなく必ず集団研修の形で行うようにしてください。

[院内研修のタイムスケジュールの例]

●動画教材の視聴

動画教材には、「PDP概論」「マネジメント・コンパス(MC)概論」「論理的思考」「対話と心理的安全」「組織学習のファシリテーション」などがあります。目的に応じて、適宜休憩を挟みながら視聴してください。

●グループワーク(2~3時間)

3~4人ずつのグループにわかれて、付箋とワークシートを使いながら、実際にワークを行ってみます。

PDPワークの場合、
・困りごとを話す人(1名)
・聴き手(1~2名)
・ファシリテーター(1名)
にわかれます。

聴き手やファシリテーターは、
・論理的思考
・対話
・リフレクティブであること
の3点を意識し、できるだけ自分の意見を押し付けないようにしながら、困っている人の話を引き出すようにしてください。

MCチャートの場合も、同じように
・自発的な目標・問題を語る人(1名)
・聴き手(1~2名)
・ファシリテーター(1名)
にわかれてワークを行ってください。

[研修終了後]

「マネジメント・コンパス」や「PDP」は、研修を受けただけですぐに体得できるものではありません。研修終了後も、PDPやMCチャートをできるだけ日々の業務に取り入れ、管理者同士で互いに支援し合いながらワークを重ねるようにしてください。